英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
MENU

【初心者用】シンガポール留学中の学生でも銀行口座は開設できるの?

 

シンガポールに留学に来て、いざ現地で生活を始めるためには手持ちのお金が必ず必要ですよね。

 

現地での生活費、食事代、買い物など、留学中のお金の管理は、安心して留学生活を送るためにもとても重要な要素となります。

 

日本では銀行口座を作り、その都度必要なときにコンビニのATMや銀行でお金を引き下ろすことができますが、シンガポールではどのようにすればよいのでしょうか?

 

「シンガポールに留学の生活費として、お金を持っていく方法が知りたい」という人から「学生でも銀行口座が作れるのか知りたい」という人まで、とにかく学生でもシンガポールでお金を用意する方法が知りたい人向けの記事となります。

 

それではどうぞ!

 

学生がシンガポールでお金を管理する方法

 

シンガポールに留学する場合、お金の管理は基本的に「現金」、「現地のデビットカード」、「クレジットカード」の3つになります。

 

現金

シンガポール航空のホームページによると、

シンガポール入国時に、総額がSGD20,000相当以上の円や外貨の現金を持ち込む場合、NP727フォームを記入の上、次のいずれかの方法で税関に申告する義務があります。

シンガポール・チャンギ国際空港の「赤の通関路(レッド・チャンネル)」でフォームを提出する
シンガポール出国時の出国審査カウンターでフォームを提出する

NP727フォームは、警察署(Neighbourhood Police Centre=NPC)や交番(Neighbourhood Police Post=NPP)などの警察機関で入手できます。また、商務部 のウェブサイトからダウンロードすることもできます。

参照:Singapore Airlines

 

シンガポールドルで$20,000(約160万円)以上の外貨の現金を持ち込む場合は、税関に申告する義務があると記載されています。

 

留学の生活費として、160万円も持ち込む必要はないと思いますが、それ以下の額であれば、問題なく持ち込み可能なので、手荷物に10万円ほど入れておき、現地の両替屋でシンガポールドルに両替することをオススメします。

 

⬇︎レートが良いと人気の、オススメ両替屋さん⬇︎
名前:Crante Money Changer
住所:1 Park Rd, Singapore 059108
ウェブサイト:https://cashchanger.co/singapore/mc/crante-money-changer/10

 

もちろん、日本の空港や両替所で、シンガポールドルを渡航する前に、事前に用意しておくのもいいと思いますが、基本的には現地で両替した方がレートは良いです。

 

少しでも節約したい人はぜひ現地で両替してみてください。

 

【2021年版】シンガポールに留学したら生活費はいくら必要なのか?

 

【2021年版】シンガポールに留学したら生活費はいくら必要なのか?

 

 

現地のデビットカード

こちらは現地の銀行で銀行口座を開設し、そこにお金を入れて、デビットカードを使って買い物をする手法です。

 

シンガポールは学生ビザで口座を開設することができます。

 

現地の人であれば簡単にオンラインで登録を完了させることができますが、留学生の場合は銀行で必要な手続きを行わなければなりません。

 

必要書類の忘れ物がないかをしっかりとチェックし、銀行が求める書類を持っていることを確認してから訪れるようにしてください。

 

さらに、初めて口座開設を行う場合にはある程度のお金をその場で入れる必要があります。多くの場合は、初回入金額として1000ドルほどが必要になってくるので、そちらも持っていきましょう。

 

日本のATMと違って、シンガポールではお金を引き出す際に手数料などは一切かからないので、必要な時にいつでも気にせずおろせます。

 

しかし、3000ドルを下回ると毎月5ドルの手数料がかかるなど、銀行によって必要最低預金額が決まってるので、その点は注意が必要です。

 

DBS, OCBC, UOBの大手3銀行から選べば、まず問題ないでしょう。

 

後は、銀行口座なので、日本の口座から海外送金すれば完了です。

 

⬇︎レートが良い、オススメの海外送金サイト⬇︎

https://wise.com/jp/

 

 

クレジットカード

こちらは、日本で取得したクレジットカードをシンガポールに持ってきて、現地のATMで「キャッシング」をする方法です。

 

海外で使えるキャッシングサービスとは、クレジットカードに付帯している機能のひとつであり、簡単に言うと、クレジットカードを使って、シンガポールドルを購入するイメージです。

 

最大のメリットは、シンガポールのATMで手軽にキャッシュを手に入れられる点と、為替のレートが非常に良い点です。

 

デメリットは、利息が発生する点ですね。

 

多くのクレジットカードはポイントが貯まったり、使うとお得な特典などもあるみたいなので、ストレスフリーにシンガポールドルを現地でおろしたい場合にオススメです。

 

利息はクレジットカード会社によって変わってきますが、基本的にすぐに支払いをすれば、利息を安く抑えられるので、日本にいる家族にすぐ払ってもらうのがいいと思います。

 

シンガポールは治安が東京よりいいので、ATMやお店でクレジットカード情報を盗られたりすることはほぼ無いと思うので、安心してクレジットカードで買い物ができます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、シンガポール留学中の学生のお金の管理方法についてご紹介させて頂きました。

 

私の一番のオススメは現地で銀行口座を開設することです。

 

デビットカードさえあれば、シンガポールのあらゆる場面でキャッシュレスで支払いを済ませることができます。

 

ただ、口座作るのが面倒であれば、クレジットカードでキャッシングするのが、一番手っ取り早いと思います。

 

どちらにしろ、留学中は必ずお金が必要となってきますので、ご自身に合った方法で、お金を管理して頂ければと思います。

 

その他、シンガポール留学についてのこと、現地の暮らしのことについてなど、いつでも気軽にご相談ください!

 

お問い合わせフォーム

タブ
タブ