英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
MENU

【留学検討中の人向け】日本人留学生にシンガポール留学の魅力を聞いてみた!

   ブログ

 

今回は、実際にシンガポールに留学中の日本人にインタビューを実施してシンガポール留学のリアルな実情をお伝えしていきます。

 

インタビューにご協力してくれたのが、藤本貴士さん(20)です。

 

 

「なぜシンガポールを選んだのか?」という話から「留学前に準備しておくべきことは?」まで、実際に留学中の学生の意見をぜひ参考にして頂ければと思います。

 

留学を検討中の方、必見です!

 

それではどうぞ。

 

Q. なぜコロナ禍の今、シンガポール留学をしようと思いましたか?

<藤本さん>
最初は2019年のコナンの映画を見て、とても興味が湧きました。

 

そして、アジアの国の中で英語を話す国はどこかと考えた時に、安全性・教育レベル・多文化などのことを考慮すると、シンガポールが一番最適だと思いました。

 

今、コロナ渦の中で、都市国家で国土を小さいため政府も管理しやすく、また南国であるため、一年中気温が高いため、ウイルスの生存時間が他の国に比べて圧倒的に少なく、安全であると思ったので、迷いなく来ることができました。

 

<Global Royal SG>
コロナ禍でも留学をされる日本人の学生さんは少なくありません。貴重で有限な学生時代の時間を私たちも徹底的にサポートさせてもらいます!

 

Q. コロナ禍のホテル隔離生活はどうでしたか?

※シンガポールは6月現在、入国者に対して2週間または3週間の政府指定ホテルでの隔離が必須となっています。

 

<藤本さん>
隔離中、授業があったので、思っているよりも早く時間が過ぎました。

 

また、WiFiなどの問題時、Global Royal SGさんがすぐにホテルの方に連絡して来れたので、慣れない地でもとても安心しました。

 

また、差し入れなどもしてくれて、ホテルでストレスがあまり溜まることなく過ごせました。

 

<Global Royal SG>
ホテルで隔離中は完全に独りで、孤独感を感じることがあるかもしれません。

 

さらに、慣れない土地や習慣、規制やルールなど、不安に思われる部分は、全てお手伝いさせて頂きます。

 

Q. シンガポール留学生活はどうですか?

<藤本さん>
とても現地の方々が優しく、楽しい毎日を過ごしています。

 

交通機関が想像してたよりも安く、気軽に都会に行けるのでとても助かっています。

 

<Global Royal SG>
MRT(地下鉄)の運賃は片道約1ドル(約80円)から約2ドル(約160円)です。バスはもっと安いですよ!

 

Q. 今後の目標はありますか?

<藤本さん>
シンガポールAレベルを勉強し、最終的にはNUSやNTUなどの国立大学に入学することが目標です。

 

<Global Royal SG>
シンガポールAレベルとは、GCE(The Singapore-Cambridge General Certificate of Education)という大学に進学する際に求められるレベルのことです。

 

シンガポール人の学歴でよく聞くOレベルやAレベルとは、各コース毎に受験できる試験の合格レベルを指します。

 

O(Ordinary)レベルの合格を経て、A(Advance)レベルへと進むことができます。

 

Oレベルに合格すると、基本的にDiploma CertificateもしくはPolytechnic、ITE(Institute of Technical Education)などに進学する権利が得られます。

 

Aレベルに合格すると、ローカル大学に行ける権利を与えられます。

 

Q. シンガポール留学で苦労した点はありますか?

<藤本さん>
正直、十分サポートして頂いており、大きな苦労はありませんが強いて言うならば、周りが中国語を話す人ばかりなので、事前に勉強しておけばよかったと少し後悔しているところです。

 

あとは、多国籍の国なので色んな人がいます。日本では迷惑な行動と思うことも国によっては普通の事なので、最初は嫌な気持ちになることもありましたが、いまは妥協して特に何も思わなくなりました。

 

最後に、水回り、トイレとシャワーが同じ部屋にあるので慣れが必要です。

 

<Global Royal SG>
中国語を事前に勉強しておくと、日常生活のみならず、人間関係でもプラスに働きます!なので、ぜひチャレンジしてほしいと思います。

 

シンガポールは電車内であっても大声で電話している人なんて当たり前です。そのような文化や価値観の違いを肌で感じることで、心の広さも合わせて成長できると思います。

 

Q. なぜ様々な留学先がある中でシンガポールを選びましたか?

まず英語圏というのが絶対条件でした。その他の主な理由を4つあげるとすれば、

  1. 1つ目は英語だけでなく中国語も勉強出来ることです。
    自分個人の考えですが、イギリスと中国の2カ国に留学している感じで得をしている気持ちになります。
  2. 2つ目は時差です。
    日本との時差が1時間なので親とすぐに電話などの連絡をとることができます。
  3. 3つ目は食事です。
    これは食事が体に合うかではなく、シンガポールの外食文化です。外食が盛んな国で安くご飯が食べれるので、料理をするひつようがなく、代わりに他の事に時間を回せるのとお金の節約で時間を有効に使えて一石二鳥です。
  4. 4つ目は服にお金がかからない事です。
    四季がある国に行くと、コートなどの冬服も必要で日本から持っていくのもかさばるし、現地で買ったり、日本から送ってもらうのもお金がかかります。それに比べ、一年中夏服で過ごせるのでTシャツも安く買えて節約になります。

 

番外編:普通に欧米の女性の顔よりもアジア人女性の顔の方がタイプだから、アジア人との出会いが多いアジアの国の方がよかった。笑

 

<Global Royal SG>
多くの日本人留学生が英語と中国語の両方勉強できる点が魅力的だと言っているのをよく耳にします。

 

時差も食事の味も日本に近いので、あまりストレスを感じることなく生活をおくることができると思います。

 

Q. シンガポール留学の前に準備しておいた方がいい事はありますか?

<藤本さん>
持ち物では、学校の教室の中がとても寒く外との気温差が激しいので、カーディガンやパーカーなどを1着持ってきた方が良いです。

 

こっちでも買えますが、種類も少なく、日本の方がオシャレなものを安く買えます。

 

日本の市販の日焼け止めを使っている人は日本から持ってきた方が良いと思います。こちらでも買えますがとても高いです。

 

苦労の点でも話した多文化への理解が大事です。だから、あらかじめネットなので調べておくと、来てからびっくりすることはないと思います。

 

YouTubeなどでシンガポールで役に立つアプリとかいっぱい紹介されてるから、あらかじめダウンロードしておいた方が良いと思います。

 

JCBのクレジットカードはユニクロや無印良品などの日本の店でしかあまり使えない印象やから、VISAかMasterのカード1つは持ってきた方が良いと思います。

 

電源プラグがシンガポールがBFタイプ、日本がAタイプやけど、なぜかEUのCタイプの器具も多いから、AタイプとCタイプの両方挿せるBFタイプの電源プラグ持っていくと便利です。

 

<Global Royal SG>
多文化への理解は確かに必要ですね。

 

私たちは日本を出た時点で、みんな「外国人」という扱いになります。

 

シンガポールの人たちにとって私たちは外国人、余所者なので、しっかりと現地の人を尊重した考えを持って留学されるのが良いと思います。

 

Q. どうやってGlobal Royal Singaporeを知りましたか?

<藤本さん>
ネットでシンガポール留学会社と調べたところ、すぐに見つかりました。サイトも見やすく、親近感があったため、すぐに連絡を取りました。

 

<Global Royal SG>
インターネットで見つけて頂きありがとうございます。

 

シンガポール留学を検討中の方、ぜひいつでも気軽にご連絡ください!

お問い合わせ

 

Q. これからシンガポール留学をされる方へメッセージをお願いします!

<藤本さん>
今コロナ渦の中で、シンガポールは世界中でもトップクラスに安全な国で、また、国際的な国なので、来て直ぐに輪に溶け込むことができるます。

 

また、Global Royal SGが手厚いサポートを現地に着いてからもしてもらっているので安心して過ごせます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、現在シンガポールに留学中の藤本貴士さんにインタビューをして、実際の留学の実情についてお話し頂きました。

 

少しでも、留学検討中の方にとってお役に立てる情報だったら嬉しいです。

 

今後とも、現地から皆さんのお役に立てる留学のリアルの情報を発信していきますので、ブログやSNSをチェックしてみてください。

Facebookページ

 

私たちはGlobal Royalは、皆さまのシンガポール留学が楽しく充実したモノになるよう現地にて徹底的にサポートさせて頂いておりますので、もしご興味ある方は気軽にご連絡ください!

 

お問い合わせフォーム

タブ
タブ