シンガポールに母子留学ー留学に最適な期間は?

   

 

 

 

こんにちは、母と子のシンガポール留学専門店代表、岡芳子です。
当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。

 

今回は、以前、当社にご質問を頂きました、最適なシンガポール留学期間についてのお話しをさせて頂きます。

 

どの位の期間留学したら、英語を話せるようになるのか?
留学をする際にどのくらいの期間で現地に慣れるのか?
等について、
実際に、私と娘の場合を例として、どのくらいの期間で英語を習得したのかについて、お伝えします。

 

 

娘が英語力を身につけるまでの道のり

 

 

 

【シンガポールへ来る前の、私の娘の英語力】

 

シンガポールに私達が留学を目的として移住してきたのは、娘が中学3年生の8月でした。
当時の娘の英語力は、日本の学校で習う基本的なレベルで、学校の英語の授業で学習するのみでした。
特に英語塾等の習い事は、していませんでした。

 

 

【学校について】

 

娘の通っているインターナショナルスクールは、日本人の数は、学校全体で10名前後。
とても日本人の少ない学校です。娘のクラスには、日本人はいませんでした。

 

 

留学1ヶ月目

 

シンガポールでのインターナショナルスクールの生活に徐々に慣れ始め、英語環境での生活に戸惑いながらも、日々過ごしていました。
この頃には、先生が授業で話している簡単な英語を聞き取ることができる様になるが、自ら英語で話すことは、まだ難しかったです。

 

 

留学3ヶ月目

 

先生やクラスメイトと、簡単な英語を使いコミュニケーションが取れるようになってきました。

 

簡単な質問や自分の意見を伝えることができるようになってきました。
レストランやカフェでの注文ができるようになり、日常生活では困らない程度の、英語力が身についたようです。

 

 

留学6ヶ月目

 

この頃になると、一気にリスニング力が向上し、英語のスピードにも慣れてきました。

 

映画やテレビを見ていて、ネイティヴスピーカーの英語が少しずつ聞ける様になりました。
英語への興味が加速したのも、この時期です。
クラスメイト(外国人の友達)と週末出かけたり、日常英語を使うことに抵抗がなくなりました。

 

 

留学1年目

 

日常生活で、英語を使うことが自然になり、読む、書く、聞く、話すの4技能がバランスよく身についたようです。
特に日常生活で重要な、聞いて、話す力が鍛えられました。
自信がつき、あらゆる場面に柔軟に対応できるようになったと感じました。

 

 

留学1年半〜2年目

 

この頃になると、クラスの友達の影響もあり、英語だけでなく、中国語も少しずつ覚えるようになりました。

 

最初は、中国人の友達同士が、お互い休み時間や放課後、中国語を話しているのを聞いているだけで、全く分からない状態でしたが、毎日、中国語を話すクラスメイトと、過ごすうちに耳が慣れてきて、簡単な中国語の単語や文章を覚え、友達と中国語でコミュニケーションをとれる様になりました。

 

 

留学2年半〜現在

 

英語力はほぼ問題なく身についたと思います。
あらゆる場面で、問題なく使うことができるようになりました。

 

中国語は、日常会話程度は話すことができるようになりました。(現在も勉強中です。)

 

 

私の心境

 

シンガポールに母子留学を始め、半年間は、正直毎日ドキドキしながら、娘を見守るだけでした。学校にはちゃんと馴染めるか?外国の友達はできるか?

 

等、娘にはあえて言わなかったですが、日本で生活する何倍以上も心配な気持ちでした。

 

その気持ちとは裏腹に、子どもは置かれた環境に徐々に、ちゃんと馴染んでいきました。

 

そんな中で、私が一つだけ今もずっと娘の前で守り続けていることがあります。
どんな時でも、明るく前向きでいることです。

 

娘が頑張っているのに、私が暗い顔を見せたのでは、娘の意欲も半減してしまいます。
親が子どもにできることは、実際とても少ないものです。
どこで生きていくにしても、この前向きな姿勢は大切なことだと思います。

 

 

環境こそが何よりも大切である

 

 

 

最適な留学期間に関してですが、人それぞれではありますが、個人的には、自ら学ぶ姿勢があれば、おおよそ1年間あれば、日常生活に困らない程の英語力を身につけることができると思います。

 

年齢が小さいお子様の場合は、環境や語学に対して抵抗力がない為、環境への適応力や語学学習が早いものです。

 

語学の学習と言う意味では、シンガポールは、英語だけではなく中国語も身につけることができる国です。

 

この様な、多民族・多文化の国に小さなうちから身を置くことで、複数の語学を同時に身につけることが出来たり、また、グローバルな間隔も身につけることができるのです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回は実際に娘が、シンガポールに留学を始めてから、英語と中国語を身につけるまでの期間を、お伝えしました。

 

今後、シンガポール留学を検討されている皆さんの参考に少しでもなれば、幸いです。

 

初回スカイプ留学相談無料!

もし、あなたが

  • 留学はしたいけど、母子だけのはじめての海外生活に不安がある。
  • 良いことばかりでなく、シンガポールでの実際の母子だけでの生活の実情を知りたい。
  • 現地の生活に果たして、母子で慣れることが出来るのか。

など、母子でのシンガポール移住のことでお悩みや疑問があれば、まずは無料のスカイプ相談にお申し込み下さい。
母と子の留学専門店が、必ずあなたの悩みを解決します。

スカイプ相談・お問い合わせはこちらから