英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
営業時間のお知らせ
MENU

会社が外国人労働者を雇用するメリットとデメリットとは?

   ブログ

 

現在、世界の多くの国で、外国人労働者は雇用の大きな部分を占めています。

 

外国人労働者の雇用は、自国出身の従業員を雇用するのとは異なり、一筋縄ではいかないことが多いですよね。

 

しかし、外国人労働者の雇用には大きなメリットがあり、企業として検討する価値は十分にあります。

 

総人口507万人のシンガポールでは、約130万人が外国人労働者として働いているのが現状で、外国人労働者なしではシンガポールは成功しなかったことでしょう。

参照:https://apmigration.ilo.org/news/singapore-and-foreign-workers#:~:text=With%20a%20total%20population%20of,to%20enjoy%20lives%20of%20ease.

 

今日はそんな「外国人労働者の雇用」について、お届けします!

 

外国人労働者を雇用するメリット

 

自国以外の国から従業員を雇用することは、組織に無数の利益をもたらします。

 

外国人労働者を雇用することで、職場はさまざまな国から来た人々で多様化し、また、採用の過程では、候補者の中にユニークな知識やさまざまな経験があることが多いです。

 

これは、組織の生産性と成長を向上させることに大きく貢献するのです。

 

国際的な人材にアクセスできる

外国人労働者を採用する最大の理由は、多様な知識ベースを持つ人材を組織に導入することです。

 

現地の労働力には、特定のスキルが欠けている可能性が大いにありえます。

 

そのような場合、外国人労働者を採用するために、国境を越えて検索半径を拡大する必要があり、そうすることで、あらゆる職務に対応できる最高の人材を見つけることができます。

 

雇用コスト削減

さらに、外国人社員を採用することのもう一つの主要なメリットは、コストです。

 

発展途上国の外国人労働者を雇用することで、より多くのお金を節約することにつながるからです。

 

先進国の平均的な給与水準に比べれば、かなり低いと言えますが、近年では全体的にコストは上がってきているのが現状です。

 

生産性の向上

外国の地で、国際的な人材を採用する場合、基本的に時差があるため、ある意味、1日24時間稼働するオフィスを設置することになります。

 

これにより、クライアントの間で組織の信頼性を高めることができます。

 

また、リソース不足による短納期プロジェクトの遅延を軽減することもできます。

 

問題解決能力の向上

外国人社員を採用することで、さまざまな経験を積んだ人たちが同じプラットフォームに立つことになります。

 

そのため、それぞれのバックグラウンドや経験に基づいて、さまざまなアプローチで問題解決に取り組むことができるのは大きな強みです。

 

これにより、組織として立派な問題解決方法を開発するための最強チームが構築されます。

 

さらに、多様な視点は、仕事で遭遇する障害を軽減することにもなり、チーム全体が戦略的に考え、既成概念にとらわれない解決策を導き出すための教育にも役立つことでしょう。

 

新しい市場の開拓

外国人社員の雇用を拡大することは、会社が世界市場に進出することを可能にするかもしれません。

 

適切な手法やマナーで開拓しなければ、会社の評判を転倒させることになりかねません。したがって、現地の顧客の要求や礼儀作法に精通するために、他国の人々を採用することは非常に有益なことです。

 

さらに、外国人労働者は、言葉の壁を克服するのにも役立ちます。外国人労働者を雇用することで、自社の製品やサービスを疎外することなく、現地の人々の間に溶け込むことができるのです。

 

外国人労働者を雇用するデメリット

 

外国人労働者の雇用は、費用対効果に優れた気の利いたやり方かもしれませんが、企業を多角化し、世界市場に打って出るというプロセスには、大きなデメリットもあるのです。

 

現地法人登録

外国人社員の採用は、2つのタイプに分類することができます。

 

まず、海外から直接本社に出向く社員を採用する場合です。

 

この場合、転居を伴う転勤が発生するため、貴社が負担する採用コストや雇用コストが著しく上昇する可能性があります。

 

そこで、多くの企業が採用しているのが、自国からリモートで勤務する「リモートワーク」です。

 

これは、パンデミック(世界的大流行)によって生まれた最新のトレンドでもあります。

 

ある求人情報サイトが最近行った調査では、回答者の65%がパンデミック後にリモートで働くことを希望していることがわかりました。

 

一方、31%はハイブリッドなリモートワーク環境を選択しました。

 

このことから、96%の労働者が、リモートワークが提供する柔軟性により、従来型の慣習よりもリモートワーク環境を検討していることがわかります。

 

しかし、異なる国からリモート社員を雇用する場合、企業はその国の現地法人を登録する必要があります。

 

また、各国の法律に準拠する必要があるため、制限を受ける可能性があります。

 

外国人労働者および請負業者の管理

企業の成長や経済状況に応じて、契約社員と従業員の両方を雇用するのは賢明な方法です。

 

そうすることで、会社の勢いを国際的な活躍の場へと導くことができますが、様々な国から来た契約社員と正社員のために、複雑な雇用給付を管理するのは面倒な作業かもしれません。

 

偏った雇用機会

外国人労働者を雇用することは、経済的な面でも専門的な面でもメリットがあるため、企業は現地の人よりも外国人労働者を好んで採用します。

 

その結果、現地労働者の雇用が徐々に失われ、その国の経済全体に影響を与えることになります。

 

現在のシンガポールでは、その影響が大きく出ており、自国民からは「外国人労働者はいらない!」という反発の声もあります。

 

このような長期にわたる不安定要素は、犯罪率の大幅な上昇にもつながり、それぞれの国にとってさらなる脅威となり得ることでしょう。

 

コミュニケーション不足

外国人を雇うということは、間接的に遠隔地での労働環境を促進することになります。

 

このような環境は、不安定なインターネット接続、通信アプリケーションの使用、事務用品の供給ができないなど、技術的な問題を引き起こす可能性があります。

 

また、社内でのコミュニケーションは、ビデオ会議やEメールで行われることが多く、ミスコミュニケーションやプロジェクトの遅延を引き起こす可能性が考えられます。

 

コミットメントと誠実さの欠如

条件に合う外国人社員を見つけるのは比較的簡単です。しかし、会社の慣習を遵守し、その他のプロセスベースの要件に慣れさせるために、彼ら自体を訓練する必要があるかもしれません。

 

さらに、外国人社員は、社内や現地の社員と比べると、会社との人間関係が比較的希薄であることが明らかになっています。このことは、会社にとっても潜在的な損失につながることでしょう。

 

例えば、ある時期が過ぎて、その社員が辞めてしまうと、せっかくの教育投資が無駄になる可能性がある。これは、経営陣とのオンライン上のやりとりに頼っていたため、従業員が実際のつながりを持てなかったことが原因かもしれません。

 

外国人労働者と長期的な関係を築くには、オンラインのみでの交流では不十分かもしれません。

 

このように、国際的な雇用という観点からは、従業員を失うリスクは常に存在することでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は「会社が外国人労働者を雇用するメリットとデメリットとは?」というテーマでお届けしました。

 

外国人労働者の雇用の是非については多くの議論がありますが、どれも企業の主観的な判断が大きいです。

 

なので、それぞれの出した答えは、企業の主観的な判断に過ぎず、上記のような点を考慮した上で、適切な判断を下すことが肝心です。

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

タブ
タブ