英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
MENU

シンガポールは何語?国の母国語と公用語の違いを簡単に解説!

   2022/05/23  シンガポール生活 ブログ

多言語国家であるシンガポールでは、公用語と母国語の使い分けが一般的となっているのをご存知でしょうか?

 

シンガポールでは、大きく分けて4つの民族言語グループがあり、母国語か公用語かで目的が異なります。

 

シンガポールで生活してると、一般的に話されている言語、第二言語、地域の方言、地元のスラングなど、様々な言語に触れる機会があります!

 

しかし、これらの言語のうち、どの言語が母国語・公用語なのか?

 

シンガポールで話されている「言語」とその違いについてご紹介します!

 

それではどうぞ。

 

シンガポールの公用語

国の公用語は、政府機能で一般的に使用されており、一般市民向けのあらゆる行政サービスに活用されていることがほとんどです。

 

公用語は、政府、教育、メディアなどの中で使用されています。

 

なので、公用語は、ある意味で法的な手続きを経なければ、確立されません。

 

大きく言えば、国家の立法の存在や主権を表すモノです。

 

シンガポールの公用語は、シンガポールに居住する民族を表す一方で、学校ではバイリンガル教育政策が進められています。

 

このような言語の多様性により、シンガポールの公用語は現在4つになりました。

 

  1. 英語
  2. マレー語
  3. 北京語(中国語)
  4. タミール語

 

これらの言語は、シンガポール政府との関わり、特に裁判所や議会、ビジネスにおいて主に使用されています。

 

例えば、シンガポールのATMには4つから言語を選択でき、街中の標識などは4つの言語で書かれているのを目にすることができます。

 

シンガポールの母国語

一国で最も広く話されている言語という点では、母国語は人口の大多数が話す言語であるため、文化やアイデンティティの源です。

 

日常的な取引、会話、通常のコミュニケーションツールなど、一般的な目的で使用されています。

 

シンガポールの母国語に指定されているのは、もともとマレーシアの一部だったということもあり「マレー語」です。

 

マレー語は、文化や歴史など、シンガポールの人々を表しています。

 

シンガポールでは、他の言語の中でもマレー語は中核的な機能であり、それはシンガポールの国歌や軍事演習などでよく耳にし、さらに、シンガポールの憲法では、国の言語的・文化的ルーツを守るため、マレー語を明確に保護しています。

 

シンガポールの国歌はマレー語です!

 

多言語国家のシンガポール

シンガポールでは多くの言語が話されており、民族的な多様性があることは既にご存知かもしれませんが、シンガポール人の大多数は華僑なので、中国語(北京語)をメインで使っているのが現状です。

 

ある調査によると、シンガポールの人口の74.1%は中華系シンガポール人、13.4%はマレー系、9.2%はインド系、残りの3.3%は政府によって「その他」と分類されています。

 

シンガポールの人々をつなぐコミュニケーションのツールとして4つの言語が日常的に使われていることは、日本人からしたら驚きかもしれません。

 

シングリッシュ

シングリッシュとは、シンガポール英語の略で、シンガポールで話されている英語ベースの言語です。

 

シンガポール人と一緒にいると、英語の会話の中に現地のスラングが混じっていることに気づくでしょう。

 

また、シンガポール人の英語を話す人と会話をすると、独特のアクセントがあることに気づきます。

 

  • Can or not? – 何とかならないか?
  • Catch no ball – 何も理解できない。
  • Agak-agak – 概算を出すときのマレー語。
  • Bo chap – 福建語で「気にしない」と訳され、無関心な人のことを指します。

 

シンガポールでは、英語はビジネス貿易、コミュニケーション、そしてシンガポール自体の発展に大きな役割を果たしました。

 

その上で、マレー語、北京語、福建語など、シンガポールの他の主要言語からの助詞や借用語が多く含まれる「シングリッシュ」が生まれました。

 

シングリッシュは通常、正式なコミュニケーションでは使われませんが、シンガポール人のアイデンティティーの中で大きな役割を担っています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はシンガポールの「言語」についてご紹介させて頂きました。

 

言語と文化の違いを理解することは、異なる文化を持つ様々な人々と丁寧にコミュニケーションをとることができるようになることを意味します。

 

シンガポールは、4つの主要言語すべての使用を促進することで、市民の多様な文化的アイデンティティを受け入れています。

 

シンガポールでは英語のニーズが高まっていますが、政府は国内の主要な民族の豊かな言語的・文化的背景を保護するため、母国語(マレー語)の使用を促進しています。

 

シンガポールの民族的多様性と多文化主義は、国のアイデンティティの中核として重要な役割を担っており、シンガポールの人々は皆、自分たちの文化的ルーツを非常に大切にしています。

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

 

タブ
タブ