英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
MENU

シンガポールのスマホ通信費やインターネットの料金はいくら?

 

今回はシンガポールのスマホ通信費用やインターネット料金についてご紹介します。

 

留学や旅行など、シンガポール滞在時は必ずと言っていいほど、必要になるのがデータ通信ができるSIMカード。

 

そして長期滞在の場合はインターネット(家庭用wifi)も必要ですよね。

 

ぜひ、この記事を参考にして、シンガポールに来た時に連絡手段に困らないようにしてください!

 

携帯電話

 

シンガポールでは、携帯電話を1人で数台持っている人も多く、普及率は100%を超えているといわれています。

 

スマホひとつで、決済から行政手続きまで、あらゆること場面で活躍します。

 

生活必需品として、シンガポールで生活するのに必ず必要になってきます。

 

日本と大きく違う点は、

  • プリペイド式で電話番号を持てる
  • SIMフリー端末に自分で挿入して使う
  • 日本より断然安い
  • コンビニで買える

 

シンガポールで選べる通信会社は、Singtel、StarHub、m1、Circle Lifeの4社です。

 

大きく分けると、支払い方法は「プリペイド式」と「ポストペイド式」の2つがあります。

 

ポストペイド式は、日本で一般的な月額支払いで契約する方法です。この場合は、かなり料金が抑えられます。

 

旅行や短期留学など、あまり使用しない場合は、プリペイド式を選ぶのをおすすめします。この場合は自分のSIMカードにお金をチャージし、その分だけ使えるといったものです。

 

プリペイド式とは?

先ほども説明しましたが、プリペイド式は、コンビニや通信会社の販売代理店などでSIMカードを購入して、自分のSIMロックフリーの端末に挿入して利用します。

 

SIMカードは、一般利用者向けと旅行者向けのものがあります。どちらも購入のときには、パスポートが必要で、コンビニの店員さんに必ず聞かれます。

 

メリットは、購入した通信データ容量しか使用できないため、料金の管理がしやすいこと、解約手続きの必要がないことが挙げられます。使い終わったらSIMカードを捨ててしまっても問題ありません。

 

でも、通信料金が割高になるために、頻繁に使う人にはおすすめできません。

 

短期旅行者におすすめのSIMです!

 

ポスペイド式とは?

一方で、ポストペイド式は、通信会社と契約して毎月料金を支払います。料金体系は、シンプルで各社のサービスはかなり似ています。日本と同様、1〜2年契約が一般的です。

 

端末の価格は、通信会社や販売店によって、異なるケースがあります。契約期間は1年の方が安いですが、いつでも解約できるプランも現在主流になっています。

 

出典:https://dollarsandsense.sg/cheatsheet-best-sim-plan-in-singapore/

 

シンガポールで一番大きい通信会社のSingtelを例として見ると、契約なしプラン(いつでも解約OK)が3GBで1ヶ月約1800円で、1年契約にすると、20GBで約2000円です。

 

他の通信会社ではもっと安いプランもあります。

 

どうでしょうか、日本より断然安いのが見て分かると思います。

 

契約には、ビザと住所が必要なので、現在在住者しか契約はできませんので、ご注意ください。

 

ポストペイド式は、留学生にオススメです!

 

インターネット(Wifi)

 

シンガポールで家庭インターネットを利用するには、現地プロバイダーと契約する必要があります。

 

こちらは、Singtel, Starhub, M1の3社から選択することになります。

 

プロバイダー

こちらが最新のプランの料金比較表です。

 

出典:https://www.singsaver.com.sg/blog/best-home-fibre-broadband-plan

 

トップレベルの快速インターネットを月々約2400円から〜で利用することができます。

 

契約する場合は最低1年契約で、ビザと住所が必要になります。

 

留学生の場合は、ほとんどの場合滞在先にWifiはあるので、そこまで検討する必要はないと思いますが、目安として覚えておいていいでしょう。

 

シンガポールは最先端の技術を取り入れるのが好きな国なので、街中にもたくさんのWifiスポットがあり、そこでも快速のインターネットを利用することができます。

 

Singtel
https://www.singtel.com

Starhub
http://www.starhub.com

M1
https://www.m1.com.sg

 

無料WiFi

シンガポール政府が整備している無料のWiFi「Wireless@SG」が島内の至るところにあります。

 

空港を初め、主要MRT(地下鉄)の駅、ショッピングセンターなど、3000以上のスポットで利用可能です。

 

利用には電話番号と専用のアプリで事前設定が必要です。

 

Wireless@SG
https://www.imda.gov.sg/wireless-sg

 

Wireless@sgの登録方法

Wireless@sgを利用するには、Wireless@sgを使うためのIDとパスワードが必要になります。

 

旅行者の場合は、空港のインフォメーションカウンターで、パスポートを提示すると取得できます。

 

その後、ユーザー登録するために、Singtel、Starhub、M1のどれかから、利用するキャリアを選択します。

 

申請方法は、キャリアサイトからのオンライン申し込み、Wireless@SGアプリからの申込み、カスタマーサービスセンターでの申込みの3種類です。

 

Wireless@SGアプリをインストールしておくと、WiFiスポットで検索できたり、自動接続できたりしますので、こちらが一番おすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はシンガポールのスマホ&家庭のインターネット通信費をご紹介しました。

 

長期滞在も短期滞在でも必ず必要になってくるモノなので、ぜひ参考にして頂きスマートに活用してみてください。

 

留学生の場合は、シンガポールの滞在期間に合わせて選ぶのをオススメします。1年以上滞在の場合は、かなりお得になります。

 

他に留学のことで質問などございましたら、ぜひ一度気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせフォーム

タブ
タブ