英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
営業時間のお知らせ
MENU

【2022年】シンガポールで必要な平均の生活費と家賃はいくら?

   2022/05/31  シンガポール生活 ブログ

 

シンガポールは、刺激的な文化、キャリアのチャンス、世界クラスの施設がある素晴らしい海外移住地です。

 

生活の質は高いですが、決して安いものではありません。

 

とはいえ、学生や定収入のある人は、ライフスタイルを少し変えるだけで、お金を最大限に有効活用することができます。

 

現地の人のように買い物や食事、余暇を楽しむことで、コストを削減し、よりシンガポールらしい体験をすることができます。

 

退職するにしても、一時的に移住するにしても、あるいは永久にシンガポールに移住するにしても、シンガポールでの生活にかかる費用をイメージしておくといいかもしれません。

 

ここでは、シンガポールの生活費について簡単にご紹介します!

 

それではどうぞ。

 

シンガポールの物価は高いのか?

とある調査では、シンガポールの物価の平均値はこのようになっています。

 

  • 都心部での1ベッドルームの家賃:2,820SGD(約26万円)
  • 2人分の中級レストランでのランチ代:80SGD(約7,200円)
  • 1ヶ月の交通費:120SGD(約1.1万円)

 

どうでしょうか、やはり家賃の高さには驚く方も多いかもしれません。

 

2022年5月現在、シンガポールの家賃は高騰しており、この流れは当分続くと予想されています。

 

ランチ代は、レストランで食事をしたら1人あたり3,000円以上することもありますが、現地の人の多くは「ホーカーセンター」という屋台村でランチを取ることも多く、その場合は1人あたり700円程度で済ませることが可能です。

 

交通費に関しては、タクシーが便利ということもあり、多くの方がタクシーを使いますが、もちろんMRT(地下鉄)やバスを使えば安価に費用を抑えることも可能です。

 

シンガポールの一般的な生活費は?

シンガポールでの生活費を決める大きな要因のひとつは、やはり「どこに住むか」です。

 

家賃はかなり高いのですが、都心から離れると、シンガポールではもっと安い値段で借りることもできます。

 

ただ、そのような場所は人気なので、直ぐに人が入居してしまうのが現状です。

 

家賃以外にも、家賃を除いて平均で1,336SGD(約12万円)の生活費が必要になってくると言われています。

参考:https://www.numbeo.com/cost-of-living/in/Singapore

 

なので家賃と生活費の合計、1ヶ月約38万円が平均で必要となってくることになります。

 

シンガポールの平均給与は?

シンガポールの給料は一般的にかなり高いです。

 

海外駐在員の収入に関しては、ある調査によると非常に良い結果が出ています。

 

実際、ECAインターナショナルが行った調査では、シンガポールは駐在員の給与に関して世界第5位となっています。

参考:https://sg.news.yahoo.com/expat-cash-salaries-singapore-drop-5th-highest-globally-poll-041921189.html

 

また、この国に住んでいてよかったと思うのは、国が低賃金労働者の所得を上げようと積極的に動いていることです。

 

より平等な社会に近づくために、さまざまな計画や戦略が立てられています。

 

<業種別平均給料>

参考:https://teleport.org/cities/singapore/salaries/?currency=SGD

  • ソフトウェアエンジニア:66,804SGD(約620万円)
  • 教師:52,164SGD(約480万円)
  • ファイナンシャルアナリスト:78,767SGD(約730万円)
  • プロダクトマネージャー:77,996SGD(約724万円)
  • コピーライター:49,412SGD(約460万円)

 

シンガポールの住宅は高いのか?

2020年現在、シンガポールでは80%以上の人が持ち家を持っています。

 

これは、住宅開発局(HDB)によって実現された充実した公営住宅制度によるものです。

 

国営アパートは99年の賃貸が可能ですが、シンガポール国民も購入することができます。

 

私たちのような外国人であっても、シンガポールで良い賃貸を見つけることは可能です。

 

就労パス、学生パス、その他の特定の書類をお持ちの方は、シンガポール人と同じ権利を有しています。

 

3ヶ月未満の賃貸はできないのでご注意ください。

 

<参考価格>

1ベッドルーム(都心部):2,861SGD(約26万円)

1ベッドルーム(郊外):1,913SGD(約18万円)

3ベッドルーム(都心部):5,466SGD(約50万円)

3ベッドルーム(郊外):3,178SGD(約29万円)

 

もちろん、人気の場所や建物によって、参考価格よりも断然高くなることはあります。

 

現在は、家賃が高騰しているので、落ち着くまでは、高値が続きそうです。

 

ちなみに1ヶ月のインターネット代は約40ドルで、光熱費は2人暮らしで大体160ドルくらいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はシンガポールの生活費と家賃についてお届けしました。

 

コロナ後、物価が上昇し続けているシンガポールは、経済的に多くの人を悩ませています。

 

少しでも早く、インフレが緩和することを願っていますが、価格はある程度高い水準でキープすると考えられています。

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

 

 

タブ
タブ