英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
営業時間のお知らせ
MENU

シンガポールから週末に行ける安くてお得な旅行先9選!!

   ブログ

台湾や日本の再開が発表され、海外旅行が本格的に再開されようとしている今、私たちは旅行をしたくてウズウズしているのではないでしょうか?

 

そこで今回は、シンガポールから安く行ける、お得な週末旅行先をご紹介します!

 

2023年は7回の長期休暇がシンガポールにあるので、早いうちから旅行計画を立てたいですね。

 

ぜひ今年のシンガポールから簡単に行ける旅行先のアイデアとして参考にしてみてください!

 

目安として各旅行先の航空券代を記載していますが、これらは全てLCC利用の場合の値段なのでご注意ください。

 

それではどうぞ!

 

マレーシア

ペナン

ペナンは、食欲をそそるホーカーフードからゆったりとしたカフェまで、食の天国です。

 

もちろん酒場やおいしいコーヒー、ペイストリーなどもあります。

 

ペナンヒルのゴンドラに乗り、世界で最も急勾配といわれる全長258フィートのトンネルを抜けましょう。

 

1億3千万年前の熱帯雨林には、無数の動植物が生息しており、ツリートップウォークでその生態系を観察することができます。

 

ペナン島からフェリーで10分のところにあるジェレジャック島への日帰り旅行をお見逃しなく!

 

虹の桟橋やビーチのロマンチックなブランコなど、美しいフォトスポットが点在する隠れた名所です。

 

  • 往復航空券:約130ドル〜
  • フライト時間:片道約1時間30分

 

ランカウイ島

ランカウイの乾季の終わりである3月は、晴天と暖かい日が続き、たまに雨の日もありますが、訪れるには良い季節です。

 

晴れの日が多く、乾燥した気候のランカウイ島は、自然を愛する人やアウトドア派におすすめ!

 

気温はまだ30℃前後とかなり暑いですが、少し涼しくなる3月後半に訪れるという選択肢もあります。

 

99の島々からなるこの穏やかな群島では、アイランドホッピングやジェットスキー・ツアーでいくつかの島を探索するのがベスト。

 

インチャン・ケチルでのシュノーケル、シンガ・ベサール島でのワシの餌付け、そしてトゥバ島のマングローブにも立ち寄ってみてください。

 

  • 往復航空券:約120ドル〜
  • フライト時間:片道約1時間30分

 

クアラルンプール

12月の旅行シーズンのピーク時に行く場所を探しているなら、クアラルンプールはお財布に優しい最高の旅行先です。

 

この時期のマレーシアの首都は、平均気温が27℃と涼しく、夜間はさらに数度下がります。

 

ペトロナス・ツインタワーは、80階建ての高層ビルから眺めるスカイラインを楽しむのに最適な場所です。

 

また、KLCC水族館は、陸と海の生き物を5,000点以上展示している水族館として、クアラルンプールのシンボル的な存在です。

 

12月はまだモンスーンの季節ですが、その前の2ヶ月に比べると雨は少なく、天気予報をチェックして計画的に行動すれば、いつでもアウトドア活動を楽しむことができます。

 

郊外への半日ツアーでは、美しい鍾乳洞のバトゥ洞窟や、ピューターやバティックの工場見学ができます。

 

また、クアラセランゴールまで足を伸ばして、カンプンクアンタン川で幻想的なホタルの光とシーフードのディナーを楽しみ、街の喧騒からしばし離れることもできます。

 

  • 往復航空券:約100ドル〜
  • フライト時間:片道約1時間

 

インドネシア

バリ島

バリ島は、澄んだ水と白いヤシの木があるだけの熱帯のパラダイスではありません。

 

古代のモニュメント、雲が燃え上がるような夕日、険しい山々や断崖絶壁の息を呑むような風景を楽しむことができます!

 

バリの象徴ともいえるブランコは、アドレナリン、爽快感、スリル満点。

 

崖の端にあるブランコは、日常のストレスを発散するのに最適な方法です。

 

伝統的なバリ料理店から、クールなカフェ、そして本格的なストリートフードまで、この島はあらゆる食の欲求を満たしてくれるでしょう。

 

ヌサペニダ島は、バリ島の沖合に浮かぶ島々のひとつで、最近、多くの人に知られるようになりました。

 

美しい岩、青く澄んだ海、たくさんの海洋生物(イルカなど)、穏やかな雰囲気があり、多くの人がアイランドライフを体験するためにこの島に訪れます!

 

  • 往復航空券:約220ドル〜
  • フライト時間:片道約2時間40分

 

ビンタン島

手つかずのビーチ、クリスタルブルーの海、ラグジュアリーなリゾートなど、週末のステイケーションに最適なビンタン島。

 

アンモン・リゾートは、夢が詰まったグランピングリゾートです。トレジャー・ベイは、ウォータースポーツの中心地でもあります。

 

リゾートを出て、島を探検してみたいと思っても、がっかりすることはないでしょう。

 

グルン・パシルなどの美しいランドマークや、エコファーム、サファリなど、見どころがたくさんあります。

 

  • 往復フェリー券:約90ドル〜
  • フェリー時間:片道約1時間

 

ジョグジャカルタ

松林、活火山、ユネスコの世界遺産に登録された見事な建造物など、ジョグジャカルタはまさに他にはない都市です。

 

最も象徴的なフォトスポットは、巨大な手の形をした石像のアート!

 

美しいパノラマビューを背景に、巨大なほうき、鳥かご、鳥の巣など、様々な写真映えフォトスポットがあります。

 

ジョムブラン洞窟は、ジョグジャカルタの自然のハイライトの一つで、巨大な陥没穴、長いトンネル、中央の洞窟から成っています。

 

洞窟に降りるのは気の弱い人には無理で、地元の人にある意味で命を預けているときに、地元の人の強さを実感することができるでしょう。

 

  • 往復航空券:約250ドル〜
  • フライト時間:片道約2時間

 

タイ

バンコク

バンコクのイメージはなんですか?と誰かに聞いたら、満場一致で「安い食べ物」と「ショッピング天国」の2つが返ってくることでしょう。

 

もちろん、バンコクに来たら格安ミシュランを食べないわけにはいきません。バンコクで一番おいしいトムヤムヌードルが食べられるのは、「Jeh O Chula」。

 

この質素な食堂は、濃厚で香ばしいスープが特徴の「ママ・トムヤム・ヌードル」で知られています。

 

緑豊かな自然を体験したいなら、絵のように美しいカオヤイの町は、タイのにぎやかな首都とはまったく違い、バンコクから車でわずか3時間のところにあります。

 

カオヤイには、風変わりなヨーロッパの村々や奇妙な宿泊施設があるほか、野生の象が自由に動き回るタイ最大の国立公園もあります。

 

  • 往復航空券:約190ドル〜
  • フライト時間:片道約2時間30分

 

ベトナム

ダナン

ダナンは、ソンチャ山から眺める壮大な夕日で有名です。

 

市の南には、五大元素にちなんで名付けられた5つの石灰岩と大理石の丘からなるマーブルマウンテンがあり、さまざまな洞窟や山頂があります。

 

バーナーヒル(Ba Na Hill)は、この地方に来たらぜひ訪れたい場所です。

 

山頂にあるこの複合リゾートは、ケーブルカーでしかアクセスできず、ケーブルカーは標高差の最大記録を保持しています!

 

フランス村の石畳の道を散策し、アドレナリンたっぷりのアルペンコースターに乗れば、丘陵地帯での1日を満喫できることでしょう。

 

  • 往復航空券:約180ドル〜
  • フライト時間:片道約2時間50分

 

ハノイ

格安航空券はもちろん、穏やかな気候の9月は、ハノイの休暇に最適な季節のひとつです。

 

気温は20℃前後で推移し、ほとんどの日が乾燥したままで、ハロン湾の澄んだ水と断崖絶壁は絶景です。

 

ハノイからわずか2時間のチャンアンは、絵に描いたような日帰り旅行ができる場所です。

 

緑豊かな土手、雄大な山々、広大な洞窟群、そしてベトナム最大のバイディン・パゴダがあります。

 

新鮮なネムクオン春巻き、焼き豚をのせたブンチャ、ジュージュー音を立てるパンケーキのバーンセオなど、素晴らしい地元の料理をお見逃しなく!

 

食事の最後には、甘いバナナとタピオカのプリン(chè chuối)と、クリーミーなベトナムのエッグコーヒーで締めくくりましょう。

 

  • 往復航空券:約230ドル〜
  • フライト時間:片道約3時間30分

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はシンガポールから行ける安くて、お得な海外旅行先を9つご紹介しました!

 

2023年、シンガポールには7回の長期休暇があるので、うまく活用したいところです。

 

詳しい祝日の日程についてはこちらのサイトをチェックしてみてください。
https://blog.seedly.sg/public-holidays-2023-singapore-long-weekend/

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

 

 

タブ
タブ