英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
営業時間のお知らせ
MENU

【2023年】留学生に最も適したおすすめな留学先の国8選!

   ブログ

 

海外留学は大きな決断であり、あなたの将来の道を永遠に変える可能性があります。

 

自分の人生を捨てて、新しい国の大学や学校に通うという選択は、難しく聞こえるかもしれませんが、そうすることで得られるメリットは、どんな困難にも勝るに違いありません。

 

異国で活気ある異文化を体験し、世界中の友人を作り、異なる通貨の管理方法を学び、現地の言葉を習得し、おいしい料理を食べ、ビーチや空の高い屋上で夜通し踊り明かすなど、本当に様々なことができます。

 

さらに、海外留学には仕事上のメリットもあります!

 

故郷から遠く離れた土地で学問を深めることは、他の周りの人たちと差をつけるための何よりの方法です。

 

新しい国で学問的な知識と社会的なスキルを強化しようとするその決意は、あなたの自身をより輝かせることでしょう。

 

そして、その結果、どんな素晴らしい仕事のチャンスが訪れるか誰にもわかりません。

 

今回はそんな海外留学を志す人の為に、2023年の海外留学先の国ベスト8をお届けします。

それではどうぞ!

 

1. イギリス

あの有名なケンブリッジ大学で神学を、オックスフォード大学で法律を、UCLで建築を、エジンバラ大学で数学を学びたいと考えているなら、イギリスには留学生を快く受け入れてくれる素晴らしい教育機関が数多く存在します。

 

語学留学でもイギリス英語を学ぶことができ、バッキンガム宮殿やビッグベンなどロンドンの有名なランドマークや、バース、カンタベリー、ソールズベリーなどの象徴的な歴史都市を留学中に見て回ることもできます。

 

豪華なケーキと紅茶で午後のひとときを過ごしたり、友人を誘ってパブで楽しいひとときを過ごしたり。また、マンチェスターやブリストルでは、ライブ演奏を楽しんだり、エジンバラでは、週末にグルメを満喫することができます。

 

英国のどこで学ぼうと、ダイナミックで活気ある文化があなたを楽しませてくれます。

 

しかし、この国で学ぶにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

他の国々と比較すると、英国は必ずしも低予算とは言えません。

 

英国およびEU圏の学生は、フルタイムのコースで最大9,250ポンド(約150万円)の年間授業料を支払うことが予想され、英国およびEU圏外からの学生はもっと高くつくと思われます。

 

これに生活費(家賃、食費など)が加わり、金額はあっという間に膨れ上がります。

 

しかし、英国には一流大学のある素晴らしい都市が数多くあり、学生が予算をさらに伸ばせるよう、より手頃な料金の宿泊施設が用意されています。

 

マンチェスター、シェフィールド、グラスゴー、カーディフはすべてこの条件を満たしており、その他にも多くの都市があります。

 

2. アメリカ

米国に数多く存在する名門大学で学び、アメリカンドリームを体験してみませんか。

 

ハーバード大学、カリフォルニア工科大学、シカゴ大学、イェール大学などは、米国市民や留学生に愛されている世界的に有名な大学のほんの一例です。

 

しかし、なぜアメリカはこれほどまでに魅力的な留学先なのでしょうか?

 

多くの異なる文化、背景、信条、スポーツ、芸術、祝祭日を持つこの国は、人々に生き方を選択する自由を与えることを誇りとしています。

 

では、このようにライフスタイルや生活費が異なる国で、経済的にやっていくのは簡単なことなのでしょうか?

 

授業料は州や学校によって大きく異なりますが、一般的に公立大学やコミュニティカレッジは、国内外の学生にとって最も手頃な授業料を提供しています。

 

授業料と同様に、生活費も州によって異なります。

 

最も物価の高い州は、ハワイ、ニューヨーク、カリフォルニアですが、テキサス、ワイオミング、ミシシッピは、いずれも学生にとって手頃な価格となっています。

 

予算が限られている場合は、全米の平均的な家賃と授業料を比較し、自分と財布に合った組み合わせを見つけてください。

 

豊かな歴史に彩られたこの国は、将来の夢を実現するために努力する意欲的な学生たちの天国です!

 

3. スイス

スイス留学を選んだら、大自然を探検してみましょう!

 

チューリッヒ工科大学、チューリッヒ大学、ベルン大学、ジュネーブ大学など、数多くの素晴らしい大学を擁するスイスでは、伝統的な文化から現代的な文化まで幅広く体験することができます。

 

試験シーズンが終わったら、フリムス近郊にある素晴らしいアルプスの湖、コーマシーで泳いで余暇を過ごすのはいかがでしょうか。

 

夏の間は、スイスアルプスのアラーリンホルンの頂上までハイキングしたり、暖かい日には、イン川のジャルスン峡谷でラフティングを楽しむこともできます。

 

アウトドアが苦手な方は、スイスの活気ある都市がおすすめです!

 

ベルンでは、魅惑的な中世の歴史と世界的に有名な現代美術に出会えます。さらに、チューリッヒで友人と夜通しパーティーをしたり、バーゼルでおいしい屋台料理に舌鼓を打ったり。

 

しかし、この美しい国で学ぶには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

スイスは物価が高いことで有名で、しばしば世界で最も物価の高い国の第1位に選ばれていますが、留学生の学費は予想以上にリーズナブルで、国籍によっては学費が安い、または無料になる場合もあります。

 

そのため、事前によく調べ、計算し、自分の予算を把握しておくことが大切です。

 

4. シンガポール

シンガポール国立大学、南洋理工大学、シンガポール経営大学などの一流大学があり、活気あふれるこの都市は、新しい文化に触れたい好奇心旺盛な学生には欠かせない場所です。

 

犯罪率を低く抑えるために数々の厳しい法律があり、シンガポールは世界で最も安全な国のひとつです。

 

また、約55,000人の強力な清掃員により、街は常に完璧に保たれています。

 

多くの大学ではフードコートが設置され、学生たちの食事をサポートしていますが、街中に点在する活気あるフードセンター(ホーカーセンター)では、カレーヌードルや魚のグリルなど、食欲をそそる郷土料理を楽しむことができます。

 

シンガポールでの外食は高くつきますが、ホーカーセンターで食事をすれば、費用を抑えることができます。

 

また、タクシーよりもMRTを利用すること、そして無料で楽しめるアトラクションを最大限に活用することも、節約術のひとつです。

 

ボタニックガーデンに行って、たくさんの熱帯植物を見たり、MacRitchie Treetop Walkで熱帯雨林の景色を楽しみながら、元気よくウォーキングするのもおすすめです!

 

なぜシンガポールが世界中の留学生から好まれる留学先なのか?

 

なぜシンガポールが世界中の留学生から好まれる留学先なのか?

 

5. 中国

中国には数多くの大学があり、その中から自分に合った大学を選ぶことで、中国文化にどっぷりと浸かることができます。

 

北京大学から清華大学、復旦大学から浙江大学まで、留学生はこのまばゆいばかりの世界で一生に一度の経験をし、忘れられない友人や人脈を作ることができます。

 

北京の紫禁城、上海の外灘(バンド)からの素晴らしいスカイライン、万里の長城の冒険的なトレッキングなど、留学中の時間を賢く使って、できるだけ多くの中国を観光するのがおすすめです!

 

中国の各都市は美食の宝庫です。

 

他の国と同様、中国でも大都市か小都市かによって生活費が異なります。

 

もうひとつの経済的な要因である授業料も、教育機関によって異なります。

 

幸い、中国の最高ランクの大学のいくつかは公立で、授業料は年間3,000ドルから10,000ドルの範囲です。

 

中国への留学が近いうちに現実のものとなるかどうか、今すぐ資金計画を立ててみてください。

 

6. オーストラリア

世界で最ものんびりとした旅行先のひとつであるオーストラリアで、勉強にどっぷり浸かるのはいかがでしょうか。

 

オーストラリアの生活様式は、ワークとソーシャルライフの完璧なバランスを求める学生にとって素晴らしいものです。

 

オーストラリア国立大学、メルボルン大学、シドニー大学、ブリスベンのクイーンズランド大学、西オーストラリア大学、その他の教育機関など、意欲的な研究活動を優先させる時間がすぐに見つかるでしょう。

 

オーストラリア東海岸には活気あふれる州都シドニーがあり、美しいビーチと楽しいナイトライフが待っています。

 

オーストラリア西海岸には、広大な州都パースがあり、のんびりとしたペースとうらやましいほどの晴天に恵まれています。

 

しかし、オーストラリアの生活費は、他の国々と比べてどうなのでしょうか?

 

実際、オーストラリアは、留学先として最も物価の高い国の一つです。

 

オーストラリア政府は、留学生は生活費と留学生の学費のために少なくとも30,000USDの予算を組む必要があると見積もっています。

 

それでも、国際教育は、その質の高さと卒業生に与えられる機会から、オーストラリアの魅力の1つとなっています。

 

良い生活の一片を手に入れるために、どれだけの代償を払うかは、あなた次第です。

 

7. カナダ

カナダは、この地球上で最も質の高い生活を国民に提供している国としてよく知られています。

 

険しい山々、美しいビーチ、息を呑むような国立公園、緑豊かな大自然など、多くのアウトドアスポットがあり、留学生にとって刺激的な場所が多いです。

 

マギル大学、トロント大学、ブリティッシュコロンビア大学、またはその他の素晴らしいカナダ大学への留学を考えている人も、この国の豊かな文化や歴史に触れる機会がすぐそばにあります。

 

モントリオールの壮大なフードシーンで、フライドポテト、グレービーソース、チーズカードといった特製プーティンを堪能し、冬の間はバンフ国立公園のゲレンデで、夏の間はヨーホー国立公園のエメラルド湖で、この美しい国の隅々まで探索してみてはいかがでしょうか。

 

カナダは、移住を考えている多くの留学生にとって、手頃な選択肢の一つであるとさえ考えられています。

 

留学生の学費は他の英語圏の国と比べても遜色ありませんが、生活費もリーズナブルです。 

 

8. ドイツ

ミュンヘン工科大学、ミュンヘン・ルートヴィヒ・マキシミリアン大学、ベルリン自由大学など、数多くの優秀な大学を擁するドイツは、留学生にとって素晴らしい選択肢のひとつです。

 

感動的な文学、革新的な芸術、実験的なレストランなど、この美しい国のすべてを理解するための一助となることでしょう。

 

ベルリンではブランデンブルク門やベルリンの壁記念碑などの象徴的なモニュメントを訪れ、黒い森では友人と自然の中で散策し、ドイツで最も古い大学都市ハイデルベルクを散策し、旧市街では美術館を訪れてみてください。

 

さらに、ドイツの生活費は他のヨーロッパ諸国と同程度で、留学生でも授業料は無料なので、お金をかけずに勉強することができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、2023年におすすめな留学先の国を8ヶ所ご紹介させて頂きました!

 

どの国も非常に魅力的で、毎年多くの留学生を世界中から引き寄せています。

 

どのような人生をこれから描いていくのか、どれもあなた次第ですが、現実的な側面も配慮しなければなりません。

 

費用面の準備や計画も入念に行う必要があります。

 

あなたの留学が成功しますように!

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

 

タブ
タブ