英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
営業時間のお知らせ
MENU

【2023】シンガポール永住権(PR)取得の6つのメリット!

 

シンガポールは、東南アジアの中でも裕福な都市国家として知られています!

 

また、保守的で厳格な法律があることでも知られており、抜群の安定性と安全性を誇る国でもあります。

 

そのような暮らしやすい国のシンガポール永住権(PR)は常に高く評価されており、多くの人が羨む様々な「特典」があります。

 

しかし、シンガポール永住権の申請はすべて成功するわけではなく、当然ながらシンガポール移民局(ICA)の承認が必要で、非常に取得するのが難しいと言われているのが現状です。

 

シンガポールの永住権を申請するためには、最低でも6ヶ月間就労ビザ(Employment PassやPEPなど)を保持する必要があり、誰でも申請が通る訳ではありません。どのような人が申請が通るのかも一切公表されていません。

 

この記事では、シンガポールPRのメリットについて簡単にご紹介します!

 

それではどうぞ!

 

シンガポールの永住権取得のメリットを知る

シンガポール永住権(PR)を取得すると、多くの「特典」を得ることができます。

 

1. 旅行(シンガポールへの入国・出国)について

永住権保持者は、様々な国へ渡航する際に、より簡単な「ビザ手続き」を受けることができます。

 

これは、特に海外に出張したり、家族を訪ねたりすることが多い人にとって、非常に便利な永住権特典です。

 

ただし、有効な再入国許可証(REP)を所持し、シンガポール国外での有効期限が切れていないことを確認する必要があることを認識しておくことが重要です。

 

最強のパスポートを持っている日本人にとってはあまりピンと来ませんが、「ビザ取得」の容易さは他の外国人にとって非常にメリットとなります。

 

2. より良い仕事の機会に巡り合える

シンガポールでのPRの最大のメリットは、転職の際にエンプロイメントパス(労働ビザ)をキャンセルして再申請する代わりに、より良い仕事のオファーを探したり、他のオファーを受け入れることができることです。

 

エンプロイメントパスのキャンセルと再申請は面倒なものです。

 

転職先の企業でも、労働省でも、雇用申請の処理に時間がかかることがあります。その結果、貴重な時間とお金を失うことになり得ます。

 

シンガポールの永住権取得のメリットは、雇用機会の選択肢が増えることだけではありません。シンガポールの永住権保持者であれば、基本給や福利厚生がより魅力的になる可能性が大いにあります。

 

3. 家族を持つメリット

シンガポール永住権者の特典の中でより重要なモノの1つは、家族のための計画を政府のバックアップのもと、立てることができることです。

 

シンガポール永住権保持者は、自分の両親、配偶者、子供のための長期滞在パス(LTVP)を申請することができます。

 

LTVPはシンガポールでの雇用の可能性も大きく広げます。

 

学齢期の自身の子供には、シンガポールの公立学校への進学が優先されます。

 

さらに、希望する学校に外国人より優先的に入学させることができ、政府からの教育補助金や育児補助金も受けることができます。

 

4. お金・税務上のメリット

シンガポールPRの地位があれば、通常のシンガポール国民と同様に、税金の軽減や払い戻しなどの税制上の優遇措置を受けることができます。

 

他のシンガポール国民と同様に、シンガポールPRは、年金基金のようなものであるシンガポールの中央積立基金(CPF)を利用することができます。

 

CPFへの加入は、会社勤めをしている場合は必須です。給与からCPFを差し引いた後の課税所得は少なくなります。

 

CPFの基金は、経済的に貢献した年数に応じて利息を得ることができます。

 

累積して、CPF内の金額を自分や家族の健康管理、住宅購入、家族の保護、資産管理、定年退職プランに使用することができます。

 

日本人から見ると、このCPFが非常に魅力的に見えるかもしれません。

 

自分が積み立てている年金は常にチェックすることができ、利息分も自動的に積立られ、将来設計がしやすくなります。

 

5. より良い住宅手当と所有権

シンガポールPRであれば、魅力的な金利や高い金額のローンを確保する優先順位やチャンスも高くなります。

 

例えば、シンガポールPRの方は、自身の不動産の購入や政府住宅の転売のために、住宅ローンを効果的に利用することができます。

 

また、税率が優遇され、シンガポール住宅公社(HDB)の公営住宅が政府から補助されています。

 

政府の補助金を受けられることは、シンガポールPR保持者の魅力であることは間違いありません。

(ちなみに、シンガポールPR保持者は、配偶者がシンガポール人またはシンガポールPR保持者の場合にのみHDB住宅を購入することができます)。

 

6. 各種ローンの借入の優先順位アップ

住宅ローンだけでなく、シンガポールPRは、自動車ローンや医療費負担の軽減を申請することができます。

 

まとめ

シンガポールPRになると、シンガポールの社会に住み、働き、投資する多くの機会が与えられます。

 

シンガポール永住権取得の2年後には、シンガポール市民権の申請を検討することができ、生涯にわたってシンガポールに定住することも可能になります。

 

シンガポール永住権申請の成功には多くの要因がありますが、これをやったから申請が通り安くなるというものは誰も分かりません。

 

シンガポールにはPRの取得をサポートしてくれる業者も存在します。そのような業者を利用するのもいいですが、申請自体は自分で書類さえ集めれば比較的簡単なので一度ご自身で確認してみるのをおすすめします。

 

シンガポールICA(移民局)のPR申請のホームページ
https://www.ica.gov.sg/reside/PR/apply

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

 

タブ
タブ