英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
MENU

シンガポールで起業する準備が整ったという5つのサインとは

   ブログ

 

起業家になることを夢見ている人にとって、特にシンガポールのような刺激的なビジネス環境での起業は、華やかなイメージがあるかもしれません。

 

さらに、自分が本当に情熱を傾けられる仕事をし、信頼し尊敬する人々や組織と協力し、世界に足跡を残している姿を思い描くことができるかもしれません。

 

しかし、開業という通過儀礼を経験した人は皆、それが誰にでもできることではなく、本当に成功するためにはいくつかの要素を事前に考えなければならないことに気付くことでしょう。

 

では、シンガポールでスモールビジネスの立ち上げを検討するのに適した時期であるかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか。

 

起業家になる喜びと成長の苦しみの両方を経験することを望む人のために、機が熟したことを示す6つのサインをご紹介します。

 

起業家としての人生を歩むことに100%の確信がある

 

起業の準備が整っていることを示す最初の指標は、その決断が人生の重要な一歩と重なることです。

 

もしかしたら、あなたはすでに会社員生活の中で、必要なことをすべて学んできたかもしれません。

 

あるいは、特定の才能や趣味を育てた結果、周囲から起業を勧められたのかもしれません。

 

ただひとつ確かなことは、この大きな一歩を踏み出すには100%の確信が必要だということ、そしてあなたの生活環境がその決断と一致していなければならないということです。

 

経営は簡単ではありません。情熱と根性、そしてリスクを負い、失敗に対処する勇気が必要です。

 

また、他の仕事と同じように一生懸命に働くだけでなく、全く新しいものを作り、今までにない方法で人々のニーズを満たすことを任されるのです。

 

このようなチャレンジが、怖さよりもワクワクするものであり、何より、それを引き受ける準備ができていると感じられるなら、それは起業家としての人生を探求する時期が来たというサインかもしれません。

 

起業するのに十分な経験を積んでいる

 

経験は起業の必須条件ではありませんが、新しい試みの成功に多大な貢献をすることでしょう。

 

例えば、経営コンサルタント・サービスを提供するビジネスを始めようとするのであれば、前職で十分な経営経験を積んでいる必要があります。

 

これは、クライアントが必要とするアドバイスやフィードバックを提供する際に、権威ある立場から発言することができるようにするためです。

 

一方、ニッチな商品、例えばスポーツ用品や独自のファッションブランドを立ち上げたい場合、あなた自身がアスリートであったり、ファッション業界を長く見てきた人であれば、成功する可能性は大いにあります。

 

その経験は、顧客があなたのブランドに何を求めているかをより深く洞察し、ビジネスモデルを運営することを可能にします。

 

あなたは、ビジネスをリードするのに十分な貴重な経験を積んだと感じますか?もし答えがYESなら、あなたの情熱と専門知識を本格的なビジネスにする準備が整ったということです。

 

起業に必要な資金があること

 

ビジネスを行うには、かなりの資金が必要なことは周知の通りです。

 

原材料や完成品の購入、労働力の確保、不動産の賃貸など、事業運営に関連する業務を遂行するためには、十分な額の運転資金が必要です。

 

どれくらいの資金が必要かは、事業形態や製品・サービスの性質などの要因によって異なります。

 

また、季節的な休日など、最も売上が見込まれる時期によって、月ごと、四半期ごとに必要な資金が異なる場合があります。

 

諸経費などの基本的な支出をまかなえるだけの資金があり、さらにセーフティネットとして使えるだけの資金がありますか?もしそうなら、そしてあなた自身とあなたのビジネスパートナーが、優れた予算管理の実践によって資金を最大限に活用できると信じられるなら、今すぐ自信を持って起業することができるでしょう。

 

シンガポールで市場調査を行った

 

どのような経営者であっても、対象となる市場について十分な知識を持たずに新しい事業を始めるべきではありません。

 

ビジネスを始める前に、選択した市場の人口統計、ニーズ、現在のトレンドについて十分な調査を行う必要があります。

 

また、自分のビジネスをシンガポールの市場に照らし合わせ、シンガポールの市場が他の地域や世界の市場とどのように異なるかを把握しておくことも重要です。

 

また、シンガポールの様々な産業がどのように連携しているのかを知ることも必要です。

 

あなたは、開業を成功させるために必要な市場に関する十分な見識をお持ちですか?必要なことをすべて学んだと感じたら、次はあなたのビジネスに関する理論を実践する良い機会です。

 

ビジネス登録に必要なすべての項目を申請する準備が整った

 

最後のサインは、開業に関連する最も面倒な作業である書類作成を行う準備ができているかどうかです。

 

登録前準備と登録後の手続きなど、すべての作業を行うことは、あなたの時間とエネルギーを取ることになります。

 

そのため、開業前に必要な手続きと、開業後に必要な手続きをきちんとリサーチ、そして行うことが、スムーズな開業の近道です。

 

まず、シンガポールで最低限必要な条件を満たす必要があります。

 

事業主は18歳以上でなければならず、事業主1名につき最低1名がシンガポールに居住していなければなりません。

 

さらに、ビジネス、LP、LLPの構造では、オーナーとパートナーのシンガポールの中央積立基金委員会(CPFB)のメディセーブ口座が常に払い込まれている必要があります。

CPFとは?➡︎https://kuno-cpa.co.jp/singapore_blog/cpf-2/

 

あなたはシンガポールのすべての事業登録要件を満たすために十分な装備を持っていますか?もしそうなら、もう準備は万端です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はシンガポールで起業する準備が整ったという5つのサインをご紹介させて頂きました。

 

シンガポールでのビジネス開設は、あなたとあなたのパートナーにとって波乱万丈の旅となることでしょう。

 

その兆候を正しく読み取れば、最終的な成功のための良い前例ができるはずです。

 

あなたの情熱的なプロジェクトが成功し、将来的にでシンガポールの市場にインパクトを残すことができるようになることを願っています。

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

 

タブ
タブ