英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
MENU

シンガポールの留学生活で気を付けるべき3つのポイントとは?

 

海外留学と言えば、聞こえが良くて、楽しいイメージがあるかもしれませんが、実はそこに潜んでいるリスクがあるということは知っていますか?

 

今回は、シンガポール留学中に気を付けるべきポイントを3つに絞って皆さまにご紹介したいと思います!

 

「シンガポール留学中にはどんなリスクがあるの?」という人から「学生が海外生活する上で注意するべきことが知りたい!」という人まで、とにかくシンガポール留学の注意点が知りたい人向けの記事となります。

 

せっかく海外留学ですから、準備万端で挑みたいですよね!

 

それではどうぞ。

 

シンガポール留学生活で注意しなければならない3つのこと

 

もちろん、海外留学をする際、現地の生活で注意しなければならないことはたくさんあります。

 

シンガポール留学では特にその中でも、

  1. 健康管理
  2. 海外保険
  3. 法律やルール

この3つが非常に大切なポイントとなります。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

健康管理

シンガポールは東南アジアの中でもお金持ち国家と言われており、街中は綺麗で、洗練されていますが、油断してはいけません。

 

日本とは全く違い、常夏の国で、食文化も生活習慣もガラッと変わってしまう土地で、いきなり生活するのは凄く大変なことです。

 

シンガポールは、外は蒸し暑いですが、モールやレストランなどの建物内に入ると、寒いクーラーが日本人の肌には合わないほど強烈に効いています。

 

現地ではそれが「普通」なので、日本人としては慣れないといけないですが、これが想像以上にきついのです。

 

クーラーの風が身体に合わない人は本当に合わないので、日本人で身体を壊す方は結構います。汗ばんだ身体で、極寒の室内に入ったら、風邪を引きやすくなるのも分かりますよね。

 

食べ物も同じで、日本とシンガポールでは使ってるお水や油が違うため、お腹を壊す人も多くいます。

 

慣れない香辛料であったり、油っこい料理などをたくさん食べることが原因です。

 

では、なぜ健康管理がシンガポールで生活する上で非常に大事なのか?

 

それは、シンガポールの医療費がもの凄く高いからです。

 

日本では、国民健康保険があり、個人の3割負担で全ての医療費がまかなえますが、シンガポールではそうもいきません。

 

なので、高額な医療費を払うことにならないように、日頃から健康管理は徹底することをおすすめします!

 

室内で羽織るカーディガンなどを用意すること。油っこい料理は避けること。

 

そして、何より日本から自分の身体に合ったお薬を持ってくることが一番いいかもしれません。

 

【2021年版】シンガポールに留学したら生活費はいくら必要なのか?

【2021年版】シンガポールに留学したら生活費はいくら必要なのか?

 

海外保険

シンガポールの医療水準は世界的に見ても非常に高いため、医療費はその分高額となっています。

 

シンガポールの治安は日本より良いとされていますが、万が一にも事故に巻き込まれたり、体調を崩して入院することになったとしたら不安ですよね。

 

シンガポールの入院代は非常に高く、場合によっては高額な救急車代も合わせて請求されることもあります。

 

その際に最も役立つのが、留学生用の海外旅行保険という保険となります。

 

こちらのサイトで確認してみたところ、シンガポール6ヶ月の留学に必要な保険料は約6万円〜約12万円とされています。

参照:【2021年版】シンガポールの留学保険の選び方と保険プランをご紹介

 

シンガポールの医療は発達しているので、マレーシアやベトナムなどの周辺諸国の日本人もわざわざシンガポールまで来て、治療をすることもあります。

 

シンガポールの医療技術を持ってすれば、どんな病気や怪我でも治ると思いますが、その分費用の水準が高くなっているのが現状です。

 

なので、事故や病気にかかったときに備えて、保険に加入しておくことをおすすめします!

 

法律やルール

シンガポールは法律に非常に厳しい国で有名です。

 

簡単なところで言うと、シンガポールには、ガムを持ち込んではいけない法律があります。

 

さらには、電車内での飲食も罰金の対象です。

 

このように、シンガポールには日常の生活に溶け込んだ様々な法律が存在しているのです。

 

特に現在はコロナ禍ということもあり、日々その規制内容が変わったりしています。

 

そのルールを少しでも破ると、我々のような外国人であれば、ビザ剥奪、そして国外追放、最終的に入国禁止という制裁もあり得るのがシンガポールなのです。

 

現地で捕まると、外国人であろうと、実名、顔写真、会社名などが新聞やメディア記事に記載されるので、もの凄く痛い目を視ることなります。

 

実際に、コロナ禍で違反したため、日本に強制帰国させられた日本人家族もいたみたいです。

 

それだけ、シンガポールは法律やルールに対して非常に厳しく、徹底的に管理&監視しているので、シンガポールにいる日本人として遵守することが求められます

 

事前に、現地の法律やルールなどの情報を理解しておくことが大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、シンガポール留学中に気を付けるべきポイントを3つご紹介させて頂きました。

 

海外に一歩出ると、自分の身は自分で守るということが非常に大切になります。

 

当たり前ですが、私たち日本人はシンガポールでは「外国人」であり、手厚い国のサポートは一切受けることができません。

 

なので、事前にそのようなリスクの対処法を準備しておくことで、安心して留学生活をおくることができると思います。

 

他にシンガポールの留学生活に対して不安なことなどありましたら、ぜひ一度お気軽に私たちにご相談ください!

 

お問い合わせフォーム

タブ
タブ