英語がゼロからでも大丈夫!
さあ!新たな一歩を踏み出そう!
電話相談 メールで相談 電話相談 メールで相談
営業時間のお知らせ
MENU

夜を楽しむ!外せないシンガポールのナイトアクティビティ10選!

 

観光立国で有名なシンガポールですが、その理由は、シンガポールには夜でも楽しめる「ナイトアクティビティ」がたくさんあるからです!

 

コロナ時に島国に閉じ込められたシンガポールの人々は、閉店や休業してしまったクラブやバー以外に「ナイトライフ」を楽しむ方法をたくさん発掘しました。

 

家族で楽しめる屋外・屋内両方のナイトアクティビティはもちろんのこと、夜更かしが好きな人は、シンガポールの夜を十分に楽しめることができるでしょう。

 

そんな絶対外せない、おすすめのシンガポールのナイトアクティビティ10選をご紹介します!

 

それではどうぞ!

 

サンセットを楽しむ系

夜のアドベンチャー系

家族で楽しむインドア系

街の夜景を楽しむ系

 

Singapore Flyer

出典:https://www.klook.com/en-SG/activity/4534-singapore-flyer/

 

マリーナに沈む夕日を見るのに最適な場所のひとつが、シンガポール・フライヤーです。

 

1周するのに30分。夕焼けの色合いから夜へと移り変わる空と、街を照らすイルミネーションを見ることができます。

 

シンガポール海峡から伸びるマリーナ・ベイ・サンズやCBD(中心都市部)の高層ビル群など、街のスカイラインを空から眺めることができますよ。

 

公式サイトでは、33ドルで販売されています。時間帯の予約はできないので、夕暮れの30分前までには行って、美しい夕日を眺めるのがおすすめです!

 

SkyPark Observation Deck

出典:https://m.kkday.com/en/product/2843-marina-bay-sands-observation-deck-skypark-ticket-singapore

 

シンガポールのマリーナの夕日と街の明かりをゆっくり眺めたい方は、スカイパーク展望台へどうぞ。

 

Marina Bay Sandsの57階、地上200メートルの高さから、息を呑むような360度の絶景をお楽しみいただけます。

 

スカイパーク展望台の入場料は25ドルです。

 

Singapore Cable Car

出典:https://www.singaporecablecartickets.com/

 

都会から離れて、まったく違うシンガポールの夕日を見るなら、マウント・フェイバーに向かいましょう。

 

マウントフェイバーからケーブルカーに乗って、セントーサ島の夕日を見ることができます。

 

ケーブルカーに乗っている間、2021年のベストグローバルシーポートに選ばれた「シンガポール港」を見ることができます。

 

ケーブルカーがマウント・フェイバーからセントーサ島に下る際に、港から島にまたがる空からの眺めは、シンガポールの「よく働き、よく遊ぶ」様子を感じさせてくれるでしょう。

 

シンガポールケーブルカーは45ドルで1日乗り放題となっています。

 

Skyride Sentosa

出典:https://thesmartlocal.com/read/skyline-luge-sentosa/

 

セントーサ島内のスカイライドでゆっくりと上昇し、セントーサ島内からのサンセットの景色を楽しむこともできます。

 

セントーサ島はシンガポールの港に隣接しているため、ビーチの沖には大小さまざまな船が停泊しているのが見えます。

 

スカイライドから見るセントーサ島の夕焼けは、金曜日か土曜日の20:30までの運行がおすすめです。

 

スカイライドの夕日を見に行く計画を立てる前に、最終の回が何時からか確認してください。

 

この記事を書いている時点では、スカイライド4回とリュージュ4回(カート)で33ドルが最安値となっています。

 

プロモーションの実施やチケットの購入は、公式ウェブサイトをご覧ください。

 

Luge Sentosa​​​​

出典:https://www.skylineluge.com/en/sentosa/luge/night-luge/

 

通常のリュージュではなく、ナイト・リュージュの最終乗車時間は、金曜日と土曜日の午後8時30分です。

 

夜の暗闇の中、ライトの前を急上昇するときは最高に楽しいです!

 

リュージュを最大限に楽しむには、最長のドラゴントレイル(標高688m)からスタートするのがおすすめです。

 

最も古いコースであるジャングル・トレイル(全長628m)には、トンネル機能が追加されました。

 

リュージュの最高速度でトンネルを抜けるのを想像してみてください。

 

そして、さらに「ヘアピンコーナーで曲がる」2つの新しいトレイル、クプクプ(638m)とエクスペディション(658m)へと進みます。

 

最もお得なのは、スカイライド4回とリュージュ4回で33ドルです。

 

これで4つのリュージュコースをすべて試すことができます。

 

ナイト・リュージュは金曜と土曜の夜のみ営業しています。

 

Night Safari

出典:https://www.klook.com/activity/3928-singapore-night-safari-singapore/

 

シンガポールの人気ナイトアトラクションのひとつ、ナイトサファリはいかがですか?

 

世界初の夜行性野生動物園として知られ、囲いの向こう側に潜む野生動物を安全に体験することができます。

 

無料のガイド付きトラムに乗って、ナイトサファリのすべてのゾーンで動物たちを観察することができます。

 

4つのウォーキングコースからお好きなコースを選ぶこともできます。

 

ナイトサファリは午後6時30分からオープンし、最終入場は午後11時15分、そして午前0時に閉場します。

 

チケットは大人1人55ドルとなっています。

 

Jewel Canopy Park

出典:https://www.firststopsingapore.com/en/jewel-changi-airport/canopy-park-jewel/

 

世界的なコロナ大流行が起こる直前にオープンしたJewelは、チャンギ空港にあります。

 

3つのターミナルにつながるこの施設は、小売店と自然をテーマにしたエンターテイメントが融合した複合施設です。

 

また、世界一高い屋内滝である「レインボーテックス」もここにあります。

 

ジュエルキャノピーパークは、5階建ての屋内庭園「ジュエル」の最上階に位置しています。

 

1枚の入場券で、4つのアトラクションを楽しむことができます。

 

ディスカバリー・スライドでは巨大なアート作品を滑り降り、フォギー・ボウルでは雲の中に座り、トピアリー・ウォークでは動物の彫刻を見つけ、ペタル・ガーデンではさまざまな花々に魅了されることでしょう。

 

チケットは5ドルで、オンラインまたはJewelにお越しの際にお求めいただけます。

 

Mini Golfing at Holey Moley

出典:https://www.klook.com/en-SG/activity/23157-holey-moley-golf-club-experience-singapore/

 

まだ夜が浅いうちに、クラーク・キーに向かい、Holey Moleyでミニゴルフのホールをプレイするのはいかがでしょう。

 

家族連れでも楽しめますが、酒類販売免許の関係で午後8時以降は18歳以上限定になるので注意が必要です。

 

料金は9ホールで大人1人20ドルからです。

 

City Cycling

出典:https://www.tripadvisor.com.sg/AttractionProductReview-g294265-d12968501-Marina_Bay_Night_Cycling_Tour-Singapore.html

 

その街を知るには、サイクリングが一番かもしれません。

 

日中暑いシンガポールでは、サイクリングで街を巡ることが深夜に人気のアクティビティのひとつとなっています。

 

その中でも、シンガポール川沿いを走るルートは最高です。

 

シンガポール川の向こうは一面埋め立てられた島国なので、ほとんどの史跡はかつて岸辺だった場所にあります。

 

ルート下のサイトは、これらの注目すべきランドマークを案内してくれます。

  • オールド・ヒル・ストリート警察署
  • セントラル消防署と民間防衛ヘリテージ・ギャラリー
  • 市庁舎と最高裁判所(ナショナル・ギャラリー)
  • 旧国会議事堂(ザ・アーツ・ハウス)
  • ビクトリア・コンサートホール
  • エンプレス・プレイス・ビルディング(アジア文明博物館)
  • 総合郵便局(フラトンホテル)

 

ご自分の自転車をお持ちでない方は、レンタルしてナイトサイクリングを楽しむこともできます。

 

Supertree Observatory


出典:https://thenewageparents.com/supertree-observatory-gardens-by-the-bay/

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内にある16階建てのスーパーツリー展望台からは、街のスカイラインを楽しむことができます。

 

デッキでくつろいだり、ソーシャルキッチンで壮大な景色を眺めながらディナーを楽しんだりすることができます。

 

デッキのチケットは14ドルより。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は夜に楽しめるシンガポールのナイトアクティビティを10個ご紹介しました!

 

常夏のシンガポールだからこそ、涼しい夜はアクティブに過ごしたいところです。

 

綺麗な景色を眺めるのも、スリルを味わうのも、動物に触れ合うのも、何でもシンガポールは楽しむことができるので、ぜひチェックしてみてください。

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

タブ
タブ